時事ネタ

はよ謝れよw池袋事故犯人(加害者)の息子疑惑の大物人物歴代まとめ

池袋事故で若い親子、松永真菜さん(31歳)と莉子ちゃん(3歳)の二人の命が奪われました。

その事故の直後に池袋事故の犯人(加害者)である飯塚幸三氏が息子に

 

『アクセルが戻らなくていっぱい人を轢いちゃった』

と連絡したと言われています。

 

その直後に驚異のスピードで、Facebookアカウントなど、飯塚幸三氏にまつわるありとあらゆる画像が削除された事により、

 

『息子が電話を受けた直後に消したんじゃないの?』

 

と言った疑惑が上がり、”犯人(加害者)の息子に焦点が集まりました。

飯塚幸三早業一覧

自宅電話番号……変更
フェイスブック……アカウント削除
ツイッター……アカウント削除
ストリートビュー……自宅にモザイク
ウィキペディア……編集ページをロック
経済産業省の勲章贈呈ページ……削除

結果、つぎつぎに”飯塚幸三氏の息子”と思われる人物がさらされる羽目に。

この記事では

  • 歴代池袋事故犯人の息子
  • そもそも息子が何故話題になるの?

について記事にしました。

スポンサーリンク

池袋事故の犯人(加害者)の息子と疑惑がかけられた人たち

池袋事故犯人(加害者)息子疑惑名簿①クボタの副社長

先ず一人目はこの方です。

株式会社クボタ

執行役員 飯塚 智浩さん

農機国内営業本部長、クボタアグリサービス株式会社社長

何故この方の名前が挙がったのかというと、今回の池袋事故の犯人(加害者)である飯塚幸三氏は過去に株式会社クボタの副社長を務めていたことがきっかけの様です。

 

その役員名簿を見てい行くと、飯塚幸三氏と同じ苗字の”飯塚 智浩さん”が息子ではないのかという疑惑に発展して、ツイッターや、SNSを通じて大きく拡散されてしまいました。

しかし、これはデマである事が発覚し、株式会社クボタも公式HPにて、池袋事故の飯塚幸三氏が”元副社長”である事を認めると同時に、執行役員である飯塚 智浩さん三都の親子関係を完全に否定しました。

以下クボタ公式HPからのファイルです。

これによって、あらぬ疑惑がかけられた、株式会社クボタの飯塚智浩さんは実名・画像を拡散される事になったにもかかわらず

『今のところ法的措置などの対応は考えておりません』

と真摯な対応を取られました。

池袋事故犯人(加害者)息子疑惑名簿②JFEスチール研究所の 計測制御研究部長・博士

次に池袋事故の犯人(加害者)の息子として名前が挙がったのは

JFEスチール研究所の 計測制御研究部長・博士

飯塚 幸理(いいづかゆきのり)さん

この方が池袋事故の加害者の息子ととして疑惑が上がった理由は


飯塚幸三さんのTwitterアカウントを飯塚幸理さんが、フォローしており、事故直後にフォローを解除したということが判明した事が疑いの原因とされています。

 

元より根拠が薄い内容とは言え、この飯塚幸理さんの疑惑は瞬く間に吹き飛んでしまいました。

 

Twitterのフォロー解除が偶然だったとはいえ、これから炎上するであろう飯塚幸三氏に関連して、同姓の飯塚幸理さんにも”疑惑の声”が上がると想定していたのでしょうか。

 

もしそれが意図的に起こされたアクションなら、ものすごいアンテナの持ち主ですよね。(笑

 

特に飯塚幸理さんに関しては否定のメッセージはありませんでしたが、飯塚幸理さんからしても、”根も葉もない事実ですぐに消える噂”としてとらえていたのかもしれませんね。

NΛO
NΛO

それにしてもすげえなこれ(笑

信じそうになるわw

他にはなぜか”Iizuka Yukinori”というアカウントで過激なTweetが・・・


飯塚幸理さん。

早くちゃんと否定しておいた方がいい気がします。

このままだと、疑惑が晴れ切っていませんので・・・

 

それとも、これは本当に飯塚幸三氏の息子なのか?

スポンサーリンク


池袋事故犯人(加害者)息子疑惑名簿③安倍晋三の元秘書

お次はこの方です。

飯塚洋さん

『ほわほわブログ』というブログサイトで「飯塚幸三の息子は安倍晋三の政策秘書?孫はレイプ犯」というタイトルでつけられた記事がきっかけの様です。

 

池袋事故の犯人(加害者)である飯塚幸三氏は87歳である。

そして、飯塚洋さんは62歳(2019.5月現在)

 

その年齢差が飯塚幸三氏との親子関係である可能性が高いと言う点で、これも一気に拡散されたみたいですね。

 

Twitter・facebook合わせて1万5千回もシェアされたとのことで、問題視されました。

その記事を見た、衆議院議員 柚木みちよし氏が


それに対してTweet民が反論

それを受けた柚木議員が

ここで洋氏の父として名前があがった飯塚光氏は、元東金市議長。2014年に亡くなっている。

ブログが引用したり、ネット上で拡散したりしていたポストの画像はひとつめの文章の部分が欠けており、見えなくなっていた。それもあって、誤情報の拡散に拍車がかかった可能性が高い。

当該ブログはすでにタイトルを「飯塚洋は飯塚幸三の息子ではなかった?」と変更。「こちらの情報は誤りだった可能性が高まっています」「同じ飯塚姓=親戚関係?」などと修正、加筆している。

また、記事を拡散していた複数のアカウントも、ツイートを相次いで削除。柚木議員もお詫びした。

出展:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/ikebukuro-post

なんと、話題に上がった飯塚洋さんの父親が”飯塚光”酸と言う方の様です。

この段階で、完全に飯塚洋さんが池袋事故の犯人の息子であることは否定されました。

 

現存する人物だけにとどまらず、故人まで出てきてしまうこの始末。

ますますあらぬ疑惑が先走りしています。

 

でも・・・もとはと言えばだれが悪いのか。

次々と関係のない方の名前がさらされていきます。

池袋事故の犯人(加害者)はなぜ謝らない!すでに息子どうこうと言う話ではない

以上の通り歴代三名の”息子疑惑”が上がっています。

 

池袋事故で亡くなった松永真菜さんと莉子ちゃん。

 

上級国民であろうがなかろうが、ここはまず謝罪があってもいい場面で、未だに犯人である飯塚幸三氏からの謝罪はありません。

 

この事件の問題点は”息子が誰?”と言う話ではないはずです。

 

確かに事故後にSNSアカウントを削除したりと、素早い隠ぺい工作があった”様に見えます”

 

ただ、もう池袋事故の犯人は”飯塚幸三”と特定されています。

いくらSNSや画像を消そうとも、すでに何もかもが明るみに出ているのです。

その状態で、犯人(加害者)である、飯塚幸三氏からの謝罪がない事が、一番の問題です。

 

この状況を見て世間は何を思うのか?

『亡くなった親子に対して何も思わないのか!』

『自分だけが逃げれればいいのか!』

『亡くなった命よりも自分の立場を保護するのか!』

こういった怒りの感情で溢れかえります。

 

NΛO
NΛO
もういい加減謝罪てくださいよ飯塚幸三”さん”
スポンサーリンク
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください