アイドル

元ももクロ有安杏果が結婚前提交際。相手医師画像や名前が特定!

元ももクロメンバーである、有安杏果自身の口から一般男性との交際が発表された。

 

その相手は48歳の男性医師だというが、そこに至る経緯には、やや難解な部分があり、世間からは、祝福の声と心配の声が上がっている。

相手の男性医師とは一体どんな人なのか、情報が限定される中、調べられる限りの情報を調べてみました。

スポンサーリンク

有安杏果の結婚前提交際公表文(公式)

うん、一般的なジャニーズの噂話とは違い、本人からの公式発表。

ソース元としては文句なしです。

しかし、結婚を前提に交際すると言っても、相手の男性は48歳。

 

年の差は関係ないとはいえど、その年齢差25年・・・

 

有安杏果さんの浮かれている感じからして、ど~も嫌な予感しか浮かばない。

 

ではなぜ、有安杏果とその男性がここに至ったかと言う事ですが、相手男性の児島さんはメンタルサポーターとして暗躍する存在。

 

有安杏果さん以外にも【コブクロ】や、【スキマスイッチ】らのサポートドクターとしても活動していたと言われています。

 

やっぱりこの業界って、華やかに見える一方、僕たちでは計り知れないプレッシャーや悩みで覆われているのでしょう。

その男性医師とは一体どんな人なのか?

スポンサーリンク


有安杏果の相手男性医師の詳細

名前:児島 直樹

職業:医師(精神科医)

病院名:あんずクリニック(院長)

ますます嫌な予感がする。

これがリッチでダンディな雰囲気だったら、『あるある~』って流せそうなもんだけど、な~んか、エセ占い医師のような雰囲気を感じる。

これはもしや・・・

診療療法中によくある転移性恋愛っていうやつじゃないのか・・・

あんずクリニックの評判も良いとは言えないようですが、心療内科なんて、ほとんどがはずれの部類なので、こんなのは当てにしても仕方ない(笑

 

あと、これはももクロメンバーとのやり取りの一幕がツィートされていました。

それ言うなら感慨深い・・・・ではないですかw

っていうか、痛々しすぎて涙が出そうなんですけど・・

スポンサーリンク


有安杏果とクリニックの関連性

世間の噂では【有安杏果】の杏という文字からあんずクリニックになったのではないか?

と言われていますが、これは関係ないでしょう。

 

あんずクリニックが設立したのは平成17年。

現在平成31年として約14年前。

これは全く別の話だと思われます。

 

しかしですね、ももクロ脱退後の有安杏果ほ個人事務所を設立しました。

そこまでは、

独立したんやな~、大丈夫かいな~

程度で終わりますが、ナントのの個人事務所【アプリコット】の代表が上記で上げた男性医師【児島直樹】であるという。

アプリコット=杏

と言う事でこれは完全に有安杏果にリンクさせた名前でしょうね。

スポンサーリンク


有安杏果メンタルサポートから個人芸能事務所設立へ

ここまでの経緯を追うと、

もともとは有安杏果のメンタルドクターとしてサポートを続ける一方、有安杏果の方から転移性恋愛による、アプローチによって、妄信的に。

 

ももクロ時代もこの【児島 直樹氏】と交流が始まって以来、事務所に対する要望が増えたということもあり、【入れ知恵】をされていた可能性が非常に高い。

 

若年者である有安杏果の話を寄り添う形で聞き、社会的な不条理な出来事に対して、いろいろなアドバイスを送っていたと考えるのは至極自然であるといえる。

スポンサーリンク


まとめ

  1. 有安杏果の交際相手は児島直樹医師
  2. 児島直樹氏は有安杏果のももクロ時代メンタルドクター
  3. 新事務所アプリコットの代表も児島直樹
  4. 世間からは転移性恋愛との指摘

 

今後どうなっていくのか・・・

なんか目に見えてるように思いますがw

いい風に期待を裏切られるよう願っております。

それでは取り急ぎ!





スポンサーリンク
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください