事件

カリタス小学校犯人名前と顔画像。自宅住所はどこ?犯行動機が闇深い!

本日2019年5月28日に起きた川崎市多摩区登戸で起きた襲撃通り魔殺人事件。

その犯人の名前や住所が特定されました!

犯人の名前は”岩崎隆一”

彼は一体どんな人物だったのでしょうか。

 

気になる顔画像

自宅住所や現場住所はどこ?

岩崎隆一はどんな人物だった?

について記事にしました。

スポンサーリンク

カリタス小学校犯人の名前と顔画像自宅住所はどこ?犯行動機が闇深い!

カリタス小学校生襲撃事件の概要

 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺した。小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負った。110番で駆けつけた神奈川県警の警察官が、刺したとみられる男を確保。男は自分の首を刺しており、搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査している。

県警によると、警察官が現場東側の植え込みの横で体から血を流して倒れている男を発見。近くに血が付着するなどした包丁2本が落ちており、県警は事件に関与したとみている。川崎市麻生区に住む51歳の男とみられ、他にも2本の包丁を所持していた。県警が身元や動機の解明を急いでいる。

現場は小田急線登戸駅の近くで、県警によると同駅から北西に約1・5キロにある私立「カリタス小学校」(川崎市多摩区中野島)のスクールバスを待っていた小学生らが襲われたとみられる。小学生らを迎えに来たバスの運転手は「両手に包丁を持った男が西からバスに向かってきて、いきなり並んでいる子どもを刺した」と話しており、運転手が男に「何をしている」と言うと、男はその場で自分の首を切ったという。

バス停の西側にあるコンビニエンスストア周辺に血痕があり、死亡した30代男性と重傷の40代女性はこの辺りで襲われた可能性がある。

川崎市消防局によると、負傷者らは聖マリアンナ医科大病院や川崎市立多摩病院、新百合ケ丘総合病院、日本医科大武蔵小杉病院に搬送されて治療を受けた。死亡した女児と30代男性が搬送された武蔵小杉病院によると、2人とも首を深く切られていた。

目撃情報によると、現場付近の歩道には少なくとも約50メートルにわたって複数の被害者が倒れていた。バス停の近くに止まっていたスクールバスのそばに小学生とみられる女児が倒れ、その西側に大人2人が倒れていた。心臓マッサージを受けている被害者もおり、腹部周辺に血がにじんでいたという。

神奈川県私学振興課によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は、学校法人カリタス学園が1963年に設立した。カトリック教育を重視し、系列の幼稚園や中学校、高校がある。昨年度の児童数は647人(男子63人、女子584人)。小田急線・JR線の登戸駅から学園まで、スクールバスを運行している。【池田直、国本愛】

カリタス小学校生襲撃犯人の名前は?自宅住所はどこか特定された!

カリタス小学校生襲撃事件の犯人の名前

岩崎隆一と特定されました。

そして合わせて自宅住所も特定されました。


カリタス小学校生襲撃事件の犯人の住所は

神奈川県川崎市麻生区多摩美1丁目〇〇

と言う事ですね。

特定班お見事です!

 

近隣には結構高そうな家があったりと閑静な住宅街と言ったところです。

こんな環境にいながら、働き盛りの51歳の岩崎隆一は何をしていたんでしょうか。

スポンサーリンク


岩崎隆一の性格や人物像。近隣トラブルも

岩崎の自宅付近では、事件を起こす直前の姿が目撃されていた。

近隣住民が証言する。

朝7時頃、ゴミ捨てに出たときに向こうから挨拶されました。

黒のジーンズに黒のポロシャツ、黒のリュックと全身黒ずくめの服装で、駅の方向に走りながら、何食わぬ顔で

『おはようございます!』

と声を掛けてきたので、こちらも挨拶をしました。

表情は普通に見えました。

会ったのはこれが2回目です

出展:文春オンライン

よくこういった犯罪が起きた時に言われる事。

 

『挨拶もちゃんとできる人だったのに・・・』

 

なぜか挨拶できるといい人に見られる傾向があるようですね。

しかし、最近ではその法則が崩れつつあるようです。

 

『おはようございます!』

叫ぶように飛ばされたあいさつの裏には”これから犯行に及ぼうとする狂気”が潜んでいたと言う事です。

 

もう今の時代、昔の法則は通用しないのかもしれませんね。

そして、過去には近隣トラブルもありました。

 

以前に岩崎は近隣トラブルを起こしている。

同じ住民が続ける。

「前回会ったのは去年の今頃の時期です。

私の家の庭に生えている木が目に入ると、朝6時頃に文句を言いにきた。

すごい剣幕で、夫と30分くらい口論していました。

その後、近所の方にどういう人なのか聞いたら、

『変わっているから距離を置いている』

などと話していたので、私たちも関わらないようにしていた」

出展:文春オンライン

ちょっと近隣住民さんちゃんと話してくださいw

言ってる意味が全然解りません。

私の家の庭に生えている木が目に入ると、朝6時頃に文句を言いにきた。

すごい剣幕で、夫と30分くらい口論していました。

どういう事なんでしょうねこれ。

気が目に入ったら朝6時に文句を言いに来た。

どんな口論があったのか非常に気になるところですね。

「伸びた葉っぱが当たった」。

隣家の40代女性は、約1年前、岩崎容疑者からこう怒鳴られたという。

岩崎容疑者は午前6時ごろに女性宅のインターホンを何度も鳴らしたうえ、「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」と言ってきた。

対応した女性の夫との口論は約30分間にも及び、女性は「いつか何かされるかも」と恐怖を感じていたという。

出展:産経ニュース

どうやら住民ではなく文春オンラインの記事がおかしいだけのようですね。

「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」

岩崎隆一容疑者の隣家のファン素を超えた葉っぱと言えばこれぐらいしかありません。

 

確かに敷地境界を越えて伸びていたのはだめかもしれませんが、早朝から怒鳴りに行くとか、ちょっと感情コントロールが難しい人だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク


犯人、岩崎隆一の顔画像や生い立ちは?

川崎襲撃通り魔事件の犯人、岩崎隆一容疑者の顔画像ですが、今のところ特定するに至りませんでした。

 

SNSなどでも”それらしい”人は見つかるものの、あまりにも情報不足&確信が持てないので掲載は控えさせていただきます。

 

川崎襲撃通り魔事件の岩崎隆一容疑者は小学校の時に叔父夫婦に引き取られたようです。

 

幼少期から

『気に入らないことがあればブチ切れる性格』

だったと言われており、周りには誰も集まらなくなり、孤立していったそうです。

岩崎容疑者と小中学校で同級生だった男性によると、昔から一見、おとなしいが、何か気に入らないことがあると、暴れる、まわりのもの、ごみ箱とかいす、机をけって先生を困らせていた。気に入らないことというのもささいなことで、「靴をそろえて」と言われて大暴れしたり、豹変(ひょうへん)したりしていた。

 中学になると、岩崎容疑者の機嫌が悪くなる回数は増えたように感じた。

 「近くの友達に殴りかかって、よくトラブルになっていた。ケンカしてもいつも負けるのは岩崎。なぜ機嫌が悪くなるのか、何が気に入らないのか、よくわからなかった。そういう性格だから近寄る人もいなくなって、いつも一人でいた印象」

 友人は、高校以降は岩崎容疑者がどこにいったのかは知らないといい、ほとんどかかわらないようにしたという。

「報道で、朝はあいさつして普通だったのに、突然刃物で襲ったとあったが、昔の突然、ブチ切れる性格が頭をよぎりました」

出展:文春オンライン

やっぱり複雑な生育環境ではねじ曲がってしまうものなのでしょうか・・・

 

よく育て方が悪いなんて言われますが、小学校まで上がれば、両親と同居する時間よりも、両親と離れて暮らす時間の方が多くなります。

 

全て親や保護者の責任ではなく、結局は”本人の育ち方”に問題があるのではないかと僕は思います。

 

しかし、このブチ切れる性格の岩崎隆一容疑者はどこか精神的疾患が疑われますね。

 

『靴をそろえて』

 

と先生に言われただけで暴れまわるのであれば、正直面倒くさいやつなので誰も相手にしなくなりますよね。

 

それを勝手に”自分は不幸だ”なんて数十年間も抱き続けたのではないでしょうか。

スポンサーリンク


岩崎隆一の犯行動機がエグい!

川崎襲撃通り魔事件の岩崎隆一の犯行動機は本人が自分の首を斬り、死亡したため真相は完全に闇に葬られてしまいました。

 

しかし、推測できる犯行動機は

『子供たちの恵まれた生活環境』

 

岩崎隆一のように、少し周りとは”不幸そうに見える”環境で育った人は過剰に自己卑下する傾向があります。

 

その自分の不幸な状況と、カリタス小学校に通う小学生を

いつも羨んでいたのではないでしょうか。

 

『こいつら俺の苦労も知りやがらねぇで・・』

 

そんな黒い感情が岩崎隆一容疑者の

心中を埋め尽くした結果起きてしまった凶行。

 

エリートであり、親からの愛情を受け、楽しそうな学校生活。

 

幼き子供たちよりも何一つ”勝てていない自分”に

劣等感を与えた存在として、怒りの矛先が向けられたのではないでしょうか。

 

エリートを狙うのなら、大人でも同じです。

 

それをあえて自分よりも、

確実に弱い存在に向けられた岩崎隆一容疑者の”幼稚さ”が垣間見えます。

 

どちらにせよ、過剰な思い込みと、自己中心的な行動であることに変わりありません。

スポンサーリンク


川崎襲撃通り魔事件の岩崎隆一の住所は特定するも顔画像は不可!犯行動機は小学生に対する劣等感

合計18名が殺傷される今回の川崎襲撃通り魔事件。

 

その犯人の名前は岩崎隆一。

散々暴れまわった挙句、自分の首を斬り自殺。

 

死に際に至っても”身勝手な性格は存在”し、お子さんを亡くされた親御さんお気持ちを考えると胸が詰まる思いです。

 

こういった人間は世の中あちこちに存在するはずで、警察自身も”犯罪が起きてから”しか動くことはできません。

 

今となってはやっと”ストーカー”など、

事前行為で動いてくれるようにはなりました。

 

しかし、こういった危険要因とされる意見は

近隣の方の思い込みであることも多く、警察も下手に動けないのが現状でしょう。

 

今回被害に遭われた方々は、防ぐことも出来ず、まるで池袋事故や大津事故のように”事故に巻き込まれて防ぎようがなかった”あまりにも不幸な事故でしかありません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼岩崎隆一の本当の犯行動機とは▼

良ければ読んでくださいね!

カリタス小学校犯人岩崎隆一の動機はいとこㇸの嫉妬!劣等感から憎悪へ川崎市のカリタス小学校生含む19人を死傷した襲撃事件。 犯人の岩崎隆一は一件無差別に子供たちを殺そうとしているかに見えまし...
川崎カリタス学園小学校刺傷の住所はどこ?献花台がゴミ捨て場に!川崎市多摩区で2019年5月29日 カリタス学園小学生徒を含む19人が死傷する事件が起きました。 大人含む3名が亡くなると言...
スポンサーリンク
こちらの記事も人気です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください